ブラック企業の見分け方を伝授しようと思う

ブラック企業の見分け方を伝授しようと思う

長時間労働の問題が非常に社会問題なってるかと思うんですけども、今日はブラック企業あるいは過酷な労働環境に陥りがちな企業の見分け方をお話ししたいと思います。

過酷な労働環境に陥りがちな企業の特徴ってのは主に三つあります。

一つ目がその会社が扱っている商品です。

これが他の競合企業と明確な参加できているのかどうか一つ目の特徴になります。

どういうことかって言うと明確な差別化ができていないと、価格競争になってしまうためです。

そうなると、社員の仕事量が爆発的に増えます。

殺伐とした雰囲気の車内で人間関係も殺伐としてるという形になります。

その長時間労働が問題とか労働関係の問題ってのは企業が明確な差別化競合他社とできていないとそういうことに陥りがちになります。



二つ目の特徴なんですけども勤める会社のビジネスモデルです。

企業の商売がストック型の収益モデルなのかフロー型の収益モデルなのかによって変わってきます。

ストック型フロー型の違いは、ストック型が販売したら定期的にお金が入ってくる商売です。

フロー型っていうのは一度契約したらお金が入ってこないものです。

不動産の販売業とかですね。

一度販売してお客さんと付き合うことがなくなる商売は働き続けないといけません。

ストック型のビジネスモデルだと比較的毎月お金が入ってくるので、そんなに頑張ってお仕事しなくても良い傾向があります。

フロー型だと今月目標達成しても来月はリセットされ、毎月毎月毎月目標におわれることになります。

今のお勤めの会社とか、今後就職しようとしてる会社のビジネスが労働集約型のビジネスモデルかどうかという点が非常に重要になってくるかと思います。

労働集約型ってどういうことかって言うと人が働かないと売り上げが上がらないあことをいいます。

働く時間と比例しての売り上げが上がってくるということですね。

仕事がこなせるようなビジネスまでのことを労働集約型ビジネスモデルなんですけども今日は人がいないと誰かが働かないとだめという悪い流れで、結局は長時間労働で繋がりやすのです。

今の会社これから就職する会社がロボット使った人工知能を活用して業務が改善できる余地があるのかないのか聞いても見てほしいなと思います。

もうまったくね業務の業務の改善が出来ないっていう仕事だったらやめた方がいいのかなという感じです。

時間労働の過酷な労働環境になってしまう可能性がありますので。

今お勤めの会社やこれから就職しようとしてる会社が労働集約型のビジネスモデルでガチガチというようであれば転職した方がいいと思います。

中小企業だからブラック企業だからホワイトなあまり関係なくて、ブラック企業大賞にノミネートされる企業が大企業が多いですが一番ねたぶん一番は利益率が低いビジネスモデルの会社ほど過酷な労働環境になってしまうのかなっていうことですね。

後はそのブラック企業大賞にノミネートされていた会社ってのはビジネスモデルだけでなかったというのもあります。

たまたま悪い上司でで精神的に追い詰められてしまったとかそういうのもあると思いますね。

ニートでも正社員になれる転職エージェントは次の就職Shopです。

こちらを利用するのもありではないでしょうか?

次のサイトを参考にしてください。

就職Shopの悪い評判を徹底暴露!